ペットを供養するという社会的責任

ペットは現代社会に置いて、昔のペット的な存在から『家族』として存在が変わってきたように思われます。少子化が進み、子供がいないご家庭ではペットは子供なのです。
その子供がお亡くなりになった時に最善の供養のお手伝いをさせて頂くことが我が社の使命でもあり、責任でもあります。安心してお見送りがができるように徹底した社員教育で飼い主様のお心を察した供養のお手伝いをする。粗末に扱ったり、決して心ない作業的なことをしない。やはり、飼い主様との心の通じ合いがとても大切と考えています。飼い主様に「ここに頼んで良かった」といって頂けるように努力して参ります。

従来の霊園などとは違い、ご自宅まで無料 でお迎えにあがり、火葬中もご自宅で待機出来て、火葬炉に入 れるところから、立会で骨上げも出来てとても便利で安心して 供養ができます。 屋号も入っていないのでご近所の方にも気付 かれずに火葬ができます。火葬中も単に駐車しているだけにし か見えません。

徹底した社員教育

火葬だけするというような機械的な作業的をしない
お客様の心情を察して配慮した行動をとる
ご近所様にも配慮して葬儀・火葬を行う
言葉使いやお客様の質問に対して何でも答えれるようにする
社会的に反する事は絶対にしない。

社員には社会、飼い主様がいて初めて我々が仕事をさせて頂いていることを徹底的に教育しています。また、ペットも家族の一員であるということを忘れてはならない、人間と同じように扱う事を教えております。