まずペットがお亡くなりになったらすること

ペットの死は突然にやってきます。人間の場合でもそうですが、事前に火葬・葬儀会社を決めている方など少ないものです。ですのでお亡くなりになったら慌てて火葬業者探しをしてしまいがちですが、落ち着いてペットが安らかに眠れる環境つくりをしましょう。


 安からに眠れる環境作りをする
段ボール箱で棺を作る必要はございません。自宅にあるバスタオルを敷いて床が汚れるのを防ぎます。ペットが亡くなってからすぐは、体液等が自然に出てきますので、その時は拭いてあげて下さい。暫くするとでなくなります。
 ご自宅にあるもので安置します。わざわざ何か買いに行く必要はありません
保冷剤はドライアイスでなく、保冷剤で十分です。頭をお腹を中心に冷やしてその上からタオルをかけます。そうすることによって冷気が体にいきわたります。冬の寒い時期には保冷剤は必要ありません。暖房が利いてないお部屋でご安置下さい。
 枕飾りを作る
枕飾りにはお線香・ろうそく・供花・おやつ・お水などがあれば良いです。生前のお写真を前に飾ってもいいと思います。
ペットがお亡くなりになったらご家族全員がそろって、一晩はゆっくりお別れをしてあげて下さい。
 ペット火葬の予約をする
安置ができてから、火葬の予約の電話を入れます。通常は前日に翌日火葬の予約の電話をします。
当日ですと希望の時間帯の予約が取れないこともあります。

段ボールは用意したほうがいいのか

紙・特に段ボールは火葬ができません。理由は大量の灰が遺骨に被ってしまい、骨上げ出来なくなるからです。
但しお部屋で安置する為、お部屋から運び出すために使って頂くのは結構です。

ドライアイスについて

ドライアイスは冷却性のに優れ、保冷するのに適していますが、入手困難であったり、金銭面で高価であったり、あと保冷時間を長く持たせる場合ドライアイスが大量に必要であったりします。ホームセンター等で売っている市販の保冷剤を約6時間おきに交換するといった方法が良いと思います。